【お悩みの種類】難分解処理水の再利用埋め立て処分場の処理水の再利用

プラントメーカーからの引き合いで、埋め立て処分場から出るRO膜処理後の濃縮水を処理したいとの要望がありました。

依頼者様は埋め立て処分場の浸出処理水を再利用する計画がありまして、しかし処理後の水の塩濃度が高いため、再利用に耐えられませんでした。そのため処理の最終段階にRO膜によって脱塩処理を行ってました。

しかし、RO膜を通した60%の水は再利用できますが、残りの40%の濃縮液は再利用も処分場に戻すこともできなくて、困ってました。

提案

そこで私たちはこんな提案をしました。塩と水を分離させるには、蒸留するのが一番簡単ではないのか、減圧蒸留器「減」を薦めてあげました。

具体的にこのような処理となります。RO膜から排出される、処理水の40%を占める濃縮液を減圧蒸留器「減」で蒸留処理をし、濃縮液を蒸留水と塩とに分離できます。「減」の減容率は97%程度見込めますので、1,000Lの濃縮液を処理したとして、30kgの塩が出るだけという計算になります。再利用できない塩は産廃廃棄物にだいして、「減」から出た蒸留水は場内で再利用できます

導入
成果

その結果として、山の中で水の確保が難題だった埋め立て処分場が、この方式によって、大切の水資源を無駄せず、必要な水量確保が容易となりました。

上部へ
戻る