【お悩みの種類】コスト削減難分解処理水質安定化高塩濃度排水・処理コスト削減

尼崎市にある船底塗料メーカーでは、工場排水の総量規制のため、年々排水基準が厳しくなってきました。

その結果、CODのクリアが困難になり、コストがかからなく、クリアできる方法を模索されていました。

現状は、生物処理(活性汚泥法)を採用しており、最終活性炭吸着を検討していましたが、活性炭交換のコストが毎年1千万円ほど必要でした。

また、製造の事情により排水の塩濃度が12%となるので、大量の希釈水が必要でした。

提案

流動担体法と、特殊微生物(好塩菌)を利用したバイオレーゼシステムの併用を提案しました。

標準の活性汚泥で処理できる塩濃度は1%程度ですので、この場合は12倍の希釈が必要となりますが、特殊微生物(好塩菌)を使用することで、6%の塩濃度(倍希釈)で処理が可能となりました。

導入
成果

流動担体法とバイオレーゼシステムを導入後、放流水のCOD値は安定し、汚泥発生量も80%削減できました。

活性炭吸着と比較し、コスト(電力費・薬品費・汚泥処分費)は65%削減しました。

この実績を評価され、新工場の排水処理施設も受注しました。

 

上部へ
戻る